FC2ブログ





ごく普通の女の子たちに依頼されてアロマを使った性感マッサージや変態プレイをした実記録日記です。プロフはhttp://pr.fc2.com/aromacat/ mixiのIDはhttp://mixi.jp/show_profile.pl?id=14343824です♪



FC2カウンター



プロフィール

純プチ(純lovesプチM女)

Author:純プチ(純lovesプチM女)
■アフター5は性のお悩み相談員、週末は癒し部屋のマスター兼(秘)施術師です^^)b
■転勤で大阪から転勤で九州へ来ました。高速を利用して九州各地で癒しの活動をしております。活動については「新着情報」をご覧下さい。
■プロフは http://pr.fc2.com/aromacat/ です。
■mixiはhttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=19762651です。



最新記事



カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QRコード



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拘束性感マッサージ [1] リエ(改訂版)Part 3
Part 3

僕は小型ローターをバッグから取り出して、スイッチを入れた。

ブルルルルル〜♪

再び、モーターの振動音が部屋に響いた。

それを手に持って、彼女の腰の辺りから、軽く肌に触れるか触れないくらいの感じで動かしていくと、クネクネと腰を振りながら、「ああ〜」と声を途切れなく出し始めた。

アヌス周辺を優しく愛撫すると「うふん」と悩まし喘ぎ声を出す。お尻のつぼみの周りを優しく撫で回してから、オマンコの中心の割れ目を通って、軽くクリに当ててみた。

「はうっ! あああっっっ〜!」

リエのひと際大きな声が部屋に響いた。僕は容赦なく、ローターの振動を最強にしてリエのクリトリスに強めに当てた。

彼女は大きな喜びの声を出し続けた。間もなく……

「い、逝きます〜いいい〜逝くううう〜!」

絶頂に達することを宣言し、リエは猫のポーズのまま果てたのだった。

しばらくリエはベッドに身体を伸ばしてぐったりとしていた。

僕が水を差し出すと、恥ずかしそうに飲んでくれた。しばらく休み、そして、再びリエに猫の背伸びのポーズを取らせた。

そして、再び腰の辺りから指先のソフトな愛撫を始めた。

今度はアヌスを執拗に弄ってみた。さっきの愛撫でリエはアヌスも感じるのでは、と思ったからだ。

小指の先に唾液をつけて、アヌスに触れてみた。ピクンと身体を震わすリエ。穴の筋肉は柔らかい感じがした。

「アヌス、感じるんだろう?」
「はい……でも周りだけです……」

問うと、アナル・セックスの経験は無いと言う。

それならと、僕はローションを道具袋から取り出して、アヌスからオ○ンコにかけてべっとり塗った。溢れ始めていた愛液と混ざって、彼女の秘部はニュルニュル状態になった。

そこで取り出したのが双子ローターだった。

ブルルルルル〜♪
   ブルルルルル〜♪

スイッチを入れると、2つのローターが同時に振動し始めた。

やや長めのお兄さんローターを右手に取って、ゆっくりと彼女のオマンコの筋を行き来させて、ヌルヌルを付着させて、ゆっくりと静かに、リエの中に入れた。

「あっあっ! あっっあああっ〜」

直ぐにリエの遠慮ない喘ぎ声が聞こえてきた。グイッと奥まで入れると、彼女の身体がピクッと震えた。手を離しても、出てこないことを確認して、僕はすかさず、弟ローターを左手に持ってクリを攻めながら……

まずは右手の小指に
オマンコのヌルヌルをたっぷり付けて、アヌスに第一間接まで入れたみた。

「あっああ、ああっあ〜!」

リエは鋭い声を出した。

……うん、これはいける。純、行け~!……とエロ神様の指令が来た(ように感じた)。

僕はゆっくりと第二間接まで小指を入れてみた。柔らかなリエのアヌスは素直に飲み込んでくれた。

ゆっくり抜いて、次は人差し指を第二間接まで徐々に入れていった。

すると指の腹にお兄さんローターの振動が伝わってきた。膣とアヌスを隔てる肉壁は薄く、隣同士という感じだ。性感帯である膣とアヌスに一体性があるとするなら、アナル・セックスで快楽性感が得られるというのも不思議ではない。

彼女にとって未経験のプレーなのでアヌス攻めはそこで終えることにした。

その代わり……高く掲げられたリエのお尻を後ろから見ながら、フィット感が売り物の新型バイブを使って彼女の
オマンコを攻め続けた。

ローションを使ったのが良かったみたいだった。彼とのセックスでは痛みや苦痛を感じるというリエだったが、そういう問題は無かった。

やがてリエは顔を枕に押し付けて喜びの声を出しながら、
絶頂を迎えた。再び中休み。

そして、エアベッドをベッドに乗せて、もう1セットを楽しんだ。この夜、彼女は4回ほど逝った。

ホテルに入って数時間が過ぎた。やっと寝る時が来た。

僕は部屋の明かりを暗くして、リエを腕枕して寝ようとした。その時だった。リエは「今日はありがとう」と言いながら、起き上がって、僕に覆いかぶさってきた。

僕にキスをして、舌と唇で僕の身体を愛撫し始めたのだった。

「うっ!」

今度は僕が声を漏らしてしまった。正直言って、かなり感じた。柔らかく温かい彼女の肌と触れ合う感触も気持ちよかった。

特にペニスは丁寧に愛撫してくれた。奮い立たせた後も時に激しく愛撫してくれた。でも、勃起しているのになかなか逝かなかった。

「いいんだよ、今日は」

そう言って、彼女の動きを止めた。

「今日はマッサージだけで、しないって約束だったから」

僕はそう言って、股間で上下していたリエの頭を優しく撫でた。

「え? いかなくていいの?」

不思議そうにリエは言う。

「僕は女性を逝かせたり、いっぱい感じさせるのも好きで、それだけでも十分満足するから」

そう言うと、再びリエは僕の右横に並んで寝たのだった。

朝はちょっと遅めに起きて、後片づけをした。そこでも、また問題が……。

例のエアベッドは空気を入れるのも大変だけど、抜くもの大変だった。ちゃんと空気を抜いておかないと、折りたたむのがうまくいかない。

僕は汗をかきながら、必死で後片づけをした。後から目を覚ましたリエに笑われてしまった。

朝食をフロントに頼むと、トーストに珈琲とゆで卵のコンチネンタル・ブレックファストが届いた。

チェックアウトを済ませて、僕らは車に乗ってホテルの外に出た。晴れた、気持ちのいい朝だった。日曜日のためか道は閑散としていた。

そして、僕はリエを出会ったパチンコ屋の近くまで送って行った。「ありがとう」と笑顔で彼女は別れの挨拶をしてくれた。

昨夜は頑張ったお陰でちょっとした寝不足だったところに、朝からエアベッドと格闘したせいで、僕は疲労感を感じていた。僕はパチンコ屋の近くにあった茶店に寄った。

そして、コーヒーを飲みながら、リエとの一夜を思い出していた。

ひとたび決心をすると女性は一直線に突き進むと聞いた事があるけど、リエからの誘いもそんな感じだった。

次は窓際プレイ……いつになるか、楽しみだ。また報告したいと思う。

〈Fin〉
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]



コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。