FC2ブログ





ごく普通の女の子たちに依頼されてアロマを使った性感マッサージや変態プレイをした実記録日記です。プロフはhttp://pr.fc2.com/aromacat/ mixiのIDはhttp://mixi.jp/show_profile.pl?id=14343824です♪



FC2カウンター



プロフィール

純プチ(純lovesプチM女)

Author:純プチ(純lovesプチM女)
■アフター5は性のお悩み相談員、週末は癒し部屋のマスター兼(秘)施術師です^^)b
■転勤で大阪から転勤で九州へ来ました。高速を利用して九州各地で癒しの活動をしております。活動については「新着情報」をご覧下さい。
■プロフは http://pr.fc2.com/aromacat/ です。
■mixiはhttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=19762651です。



最新記事



カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QRコード



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拘束性感マッサージ [2] サッちゃん(改訂版)Part 2
「脚を広げるのが上手だね……それならM字開脚してごらん……そう自分の両手で脚を持って、広げなさい。ほら、もっと脚を持ち上げて……そう、それでいい。とっても綺麗なM字だよ」

長身の彼女が大胆に非日常のポーズで身体を開いた一瞬だった。その時、彼女には羞恥心が完全に無くなるのを僕は感じた。

「素敵だよ。とってもセクシーだね」

そう声をかけると「ああ…」と声を漏らしながら、サッちゃんはさらに腰を浮かしながら、広げた姿を僕に見せつけるようなポーズを取ろうとした。

彼女はエロチックな言葉に酔いしれながら、股間からフェロモンをまき散らしているようだった。

その姿に僕も刺激されて、オマンコの周辺をマッサージしながら、わざと時々指先で小陰唇やクリトリスに触れてみた。すると、ピクンと身体を震わせて、「あっ! いやああ〜」とびっくりしたような声を上げる。

「ごめんね。注意するから。今日はマッサージだけっていう約束だったね」

僕が謝るとサッちゃんは無言でいる。彼女は本気で嫌だと言ったのではない。それは明らかだった。

「そろそろアレ使おうかな」

そう言って、僕は準備していたイタリアンスティックを手に取った。そして彼女のアイマスクを上にずらしてあげて見せつけた。

「ほら、これ見てごらん。日記の画像で見ただろう?」
「ええ……そうだったからしら……」

わざとらしい答えが返って来た。気恥ずかしさからか、知らんぷりをしたのだろう。

ウィーン♪

僕はスイッチを入れて、イタリアンスティックで恥骨から鼠蹊部までを軽く触れながら、ゆっくりと振動を与えた。

サっちゃんは恥骨の辺りが感じるらしく、その部位に来ると「あぐう……」と大きな声を上げる。焦らすような刺激を阿多続けていると、

「ね、あそこ……して」

と、ついに彼女の口からその言葉が漏れた。

「ん? あそこって、どこのこと? ちゃんと言わないとわからないよ」

僕の意地悪な質問がさらに彼女に火をつけた。

「あそこ……ク……クリトリスをして欲しいの!」
「してって? これで?」
「そう」
「こんなふうに?」

僕はいきなりイタリアンスティックの震える先端をクリトリスに押しあてた。

「あああっっっ〜! き、気持ちいい〜わああ〜!」

さらに大きな声をあげながら、サっちゃんは脚を広げたまま腰を上げた。

僕は左手でイタリアンスティックを持って、クリトリスに振動を与えながら、右手の人差し指で小陰唇を愛撫し始めた。

「そ、そこ……いいの……いいの〜!」
「この辺りも感じるんだね」
「そう……でも……」
「でも? どうしたの?」
「指……入れて……」
「入れて欲しいの? でも、今日はマッサージだけの約束だったから……」
「いや! 入れて!」

サッちゃんのような女の子からそう言われて断る男はいない。

「じゃあ、お願いしなさい」
「ゆ、指を……い、入れて下さい!」
「もっと大きな声で!」
「指を入れて下さい。入れて!」

彼女は大きな声で何度も懇願し始めた。恥ずかしさなど全く感じていないようだ。広げられたサっちゃんの股間は愛液でべちょべちょの状態だった。

僕はゆっくりと中指を入れてみた。濡れているのでスルッと入った。指を軽く曲げて、Gスポットを丁寧に刺激するとピチョ、ピチョと音がする。静かな部屋にその音が響いた。

それを聞きながら、彼女は「ああイヤらしい音……」と自ら言いながら、身体をよじらして悶えていた。

さらに指を進めると奥に子宮があった。その周辺を軽く刺激しただけで、サッちゃんはのけぞって身体を震わせた。

再びGスポットに戻り、リズミカルに刺激しながらイタリアンスティックをクリトリスに押し付けてみた。

「あああ〜な、なんだか〜逝きそう〜!」

彼女は絶頂が近いことを告げた。

「逝くときは、ちゃんと逝くって言いながら逝くんだよ」
「は、はい! あっあっあっあっあっ〜逝きますっ! 逝くうううっ〜!」

彼女は全身を震わせながら絶頂に達した。

「逝っちゃった……」

サッちゃんはそう言って、ぐったりした様子だった。アイマスクを外してあげたけど、しばらく鳥肌を立てたままで快感が続いているようだった。

スポンサーサイト
[PR]



コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。