FC2ブログ





ごく普通の女の子たちに依頼されてアロマを使った性感マッサージや変態プレイをした実記録日記です。プロフはhttp://pr.fc2.com/aromacat/ mixiのIDはhttp://mixi.jp/show_profile.pl?id=14343824です♪



FC2カウンター



プロフィール

純プチ(純lovesプチM女)

Author:純プチ(純lovesプチM女)
■アフター5は性のお悩み相談員、週末は癒し部屋のマスター兼(秘)施術師です^^)b
■転勤で大阪から転勤で九州へ来ました。高速を利用して九州各地で癒しの活動をしております。活動については「新着情報」をご覧下さい。
■プロフは http://pr.fc2.com/aromacat/ です。
■mixiはhttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=19762651です。



最新記事



カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QRコード



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拘束性感マッサージ [7] 瑞穂 (改訂版) Part 3
「そんなに舐めたいのか? それじゃあ、僕の乳首を舐めてくれ」

僕はそう言って、僕は上着を脱いで瑞穂を抱くような格好で、彼女の唇を左乳首へ誘導した。

彼女は美味しそうに、僕の乳首を舐め続けた。

僕は乳首が性感帯なので、 「うっ、うう〜」と思わず声が出してしまう…

当然のこと、僕は右乳首も舐めて欲しくなった。
そこで、「もっと舐めてくれ」と言って、仰向けに寝て彼女の愛撫を待った。

すると……

ん?

あれ?

瑞穂は僕の右乳首を愛撫するのではなくて、なんとズボンに手をかけて脱がし始めたのだった!

おお~!

意外な展開に僕はちょっと戸惑ってしまった。でも、僕は落ち着いて、当たり前のような顔をして作業に協力した。

僕のペニスが露出すると、彼女は躊躇うことなく僕のペニスを口で愛撫し始めた。

舌を使ってチロチロと舐めるというより、口に含んだ状態で舌を動かしてペニスを愛撫するという感じだった。間もなく強烈な快感が押し寄せてきた。

「うっ、気持ちいい……」

今度は僕が声を出す番になってしまった。

僕はベニスが包まれる感じが好きなので喉奥深くにくわえて愛撫する彼女のフェラのやり方が直ぐに気に入った。瑞穂は全く飽きることなく
フェラチオを続けた。

……これだけではいけない……

やがて僕は起き上がり、彼女を寝かせてフェラを続けさせた。そして右手でローターを持って、 彼女のクリトリスを刺激した。

「ううううっ〜!」

僕の勃起したペニスをくわえたまま、瑞穂の身体が硬直する。彼女が次に期待していることは明らかだった。

僕は彼女の動きを制して、コンドームをつけた。そして、ゆっくりとローターを彼女のオマンコの奥に埋め込み、ペニスの先でクリトリスを擦るように押し付けて刺激を与えた。
 
「あっ、あっ、あっ〜!」

今度は瑞穂が悶える番だ。 彼女の股間は濡れて、肌も陰毛もべちょべちょだった。

「あああっ……い、入れて……入れて下さい」

ついに彼女の許可が下りた。

僕はゆっくりとペニスを深く沈めて前後に動かし始めた。

脚を大きく開かせて、子宮に当たるくらい奥深く突き刺しながら、ピストン運動を繰返した。それと同時に、ローターでクリトリスを攻めた。

あの笑顔は快感と苦しみが交じった複雑な表情に変わり、興奮で爆発しそうな感じだった。僕は自分が先に逝くのを抑えて、ひたすら瑞穂を攻め続けた。

「ちょっ、ちょっと、待って下さい」

彼女の方から、休みたいという要求が出た。

一休みを始めると、お腹が空いているのに気づいた。そこでピザを注文することにした。

お約束の30分後にビザが届いた。2人でベッドで食べたけど、ピザがあんなに美味しく感じたのは久しぶりだった。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

その数日後、瑞穂からお礼のメールが来た。

「私も忘れられないものになりました。正直言うと、アイマスクは最初は恥ずかしくて、すごく抵抗がありましたが、集中できてすごく気持ち良かったです。そしてやはり私は背中が弱いなと改めて感じました」(原文ママ)

再会の時が楽しみだ。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

これは後日談になるが、瑞穂とは彼女が結婚するまで逢い続けることになる。

初めて逢った時、彼女はまだ自分をさらけ出すのを控えていたと思う。2回目に逢った時の電マ攻め。これで瑞穂は隠すことができないと観念したようだった。

〈Fin〉
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]



コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。