FC2ブログ





ごく普通の女の子たちに依頼されてアロマを使った性感マッサージや変態プレイをした実記録日記です。プロフはhttp://pr.fc2.com/aromacat/ mixiのIDはhttp://mixi.jp/show_profile.pl?id=14343824です♪



FC2カウンター



プロフィール

純プチ(純lovesプチM女)

Author:純プチ(純lovesプチM女)
■アフター5は性のお悩み相談員、週末は癒し部屋のマスター兼(秘)施術師です^^)b
■転勤で大阪から転勤で九州へ来ました。高速を利用して九州各地で癒しの活動をしております。活動については「新着情報」をご覧下さい。
■プロフは http://pr.fc2.com/aromacat/ です。
■mixiはhttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=19762651です。



最新記事



カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QRコード



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拘束性感マッサージ [5] ユキ (改訂版) Part 1
表紙5

今回はエロチックなフェロモンを漂わせる31歳のユキ。

実は、待ち合わせの場所に向かう準備をしている時に、生理が始まったことをメールで告げられた。

その時点で、彼女とできるプレイ内容は限られてしまう。でも、見方を変えれば、いろいろある選択肢を考える必要も無いので、ちょっと木が楽になった。

さて、待ち合わせ場所に現れたユキは、落ち着いたベージュ色のジャケット姿だった。

車に乗り込んで話始めると……シックな服装とは違って、弾けるような明るい感じの女性だった。最初から冗談の言い合いになって、そのためなかなかエロい雰囲気にならない。僕は「いつもと違う!」と焦りを感じてしまった。

この雰囲気をどうにかして変えたいと思って、僕は郊外リゾート風のホテルへ車を走らせた。

到着後、部屋に入ってビックリ!

ベッドルーム、オーディオルーム、露天ジェットバスなどがあって、かなりのゴージャスな作り。これから普通に泊まってもいいかもしれない。

さて、生理の時は血行を良くし過ぎると出血が酷くなるので、本格的なマッサージはできない。

でも取りあえず、リビングで軽く雑談をしながら、僕はマッサージ用の服に着替えた。そして、ソファーに腰掛けた彼女の隣に僕も座って、軽くハンドマッサージを始めた。

その時から僕の視線はユキの脚へ……彼女は僕のリクエストに応えて、わざわざ網タイツを穿いてきてくれたのだ。

yk1.jpeg
ユキは直ぐに気持ち良さそうな表情になり、右手を終える頃にはウトウトと眠り始めた。

「終わったけど……大丈夫?」

そう声をかけてユキを起こし、防音装置完備のオーディオルームへ僕らは移動し、ローソファーに腰を下ろした。

僕はデジカメを構えて、まずは彼女のスカートをめくり、脚の撮影から始めた。すると、

「脚は太いからイヤ!」

ユキは軽く抵抗する。

「自分の視線で自分の身体を見ると、太って見えてしまうんだ」

そう言いながら、僕はデジカメの画像を彼女に見せた。

「あ、ホンと! そんなに太ってないわ!」

彼女は笑顔で答えた。撮影しながら一枚ずつ脱がせていき、下着だけになったところで僕は命じた。

「それじゃあ、M字開脚をしてごらん」
「え、今ですか?」
「そう。いきなりだけど、いいだろう」
「え、ええ……こ、これでいいですか?」

彼女は自ら脚を広げてM字開脚をしてくれた。

「もっと! 両手で脚を持ち上げるような感じで広げて!」
「こ、こうですか?」

yk4.jpeg
「そう〜もっと腰を上げて!」
「あ、ああ……恥ずかしい」
「撮るから動かないで!」

そう声をかけながら、僕はシャッターを切った。何枚も撮るうちに、ユキは見せつけるように、脚を開き始めた。

「次は四つん這いだよ。ほら」

もうユキは抵抗をしない……自らポーズをとりながら、「これでいいですか?」と聞いてきた。彼女のMに火がつき始めていた。


拘束性感マッサージ [4] リエ 2 (改訂版) Part 3
そして、彼女の後ろに回って、右足を持ち上げてソファーの背もたれの上に置いた。

リエの股間が無防備になった。

左腕で彼女の上半身を押さえて、「さあ行くよ」と宣言して、電マを彼女の股間に押し付けた。

「うあああ~! ああっああっああっっっっ〜!」

リエは身体を震わせながら叫んだ。今度は彼女の身体を僕が後ろから腕で支えているので、しゃがむことはできない。僕は電マで攻めながら、彼女の耳元で囁いた。

「ほら、これをやってみたかったんだろう? 窓際でエッチに攻められて感じてみたかったんだろう? ほら! ちゃんと答えなさい! そうだよね?」
「あああ〜。は、はい、そうです! これがやりたかったんです!」
「リエはエッチだね。こんな変態プレイを想像して、やりたくてうずうずしてたんだ。本当はドスケベなんだろう?」
「ああ〜はい! 隠しててごめんなさい! 私はスケベです! ホントはスケベな女なんです!」

それからリエは自分の性的な願望を告白し始めた。

「もっ、もう逝きそう!」

リエは声と身体を奮わせながら、絶頂が近いことを告げた。

「ダメだ。逝くな! もっと頑張れ!」

僕は電マをさらに強くリエのクリトリスに押し付けた。

「ううう〜っ! あっあっ〜い、いくっ! 逝きますうう!」

リエはそう宣言して、一瞬身体の動きを止めて、そして一気に爆発させるように痙攣した。

絶頂に達して果てたリエは力が抜けてしまっていた。

全身の力が抜けると、人は見かけ以上に重く感じてしまう。彼女を静かにソファーの上に寝かせて、脚を広げさせて指で弄っていると、再び声を出して感じ始めた。

彼女の手が僕の股間を探し求め始めた。その手に僕の股間を押し付けてみた。動きが活発になった。イヤらしいリエの手の動きを見ながら、僕は言った。

「ほら、次は僕の番だよ」

僕はそう言いながら身につけているものを脱ぎ捨てた。既にペニスは勃起している。気づくとリエは自ら四つん這いになって、僕を後ろから受け入れる体勢をとっていた。

「今日は遠慮なくするからね」
「ああ〜」

悶えることでリエは答えてくれた。僕はコンドームをつけて、バックからペニスをゆっくり挿入した。

「おおお〜!」

腹の底から出したような吠える声をリエは出した。キュンキュンとリズミカルにオマンコが閉まる感じがした。

その声と閉まる感触に僕に火が点いた。ゆっくり腰を動かしたり、時に激しく深く腰を振りながら、リエを何度も吠えさせた。そして膣の奥を突くようにペニスを進めて、そこで動きを止めて、一気に射精した。今度は快楽の頂点に達した僕が声を出した。

全てが終わり、ぐったりとしているリエの股間をティッシュで丁寧に拭いてあげた。

カーテンを閉めて、部屋の明かりをつけた。リエはずっとアイマスクをしたままだったので外してやると……彼女の目には涙が溜まっていた。

「大丈夫?」
「うん」

そう答えながら、リエは笑顔を作ってみせて、涙をティッシュで拭き取った。

彼女をベッドに移動させて、添い寝をして彼女の身体をしばらく抱きながら、手で身体を愛撫した。

時計を見ると彼女の帰宅時間が迫っている。僕らは慌てて起きた。

リエにはシャワーを浴びさせて、その間にエアベッドの空気を抜くことにした。この作業も電動ポンプがやってくれたけど、音は相変わらずうるさかった。

今回は汗を流さなくて済んだけど、ホテルの部屋のご近所カップルさんたちは「あの音は何だ? 工事かな?」と不思議に思ったに違いない。苦情を言われたらどうしようかと、冷や汗の方が流れてしまった。

暗くなり始める頃、リエをパチンコ屋の駐車場に送り届けた。今回も彼女は照れた感じの笑顔でお礼のことばを言ってくれた。

彼女と別れてから近くの茶店へ行った。店内は人が少なくゆったりとした雰囲気だった。僕はアールグレイのホットティーのケーキセットを頼んだ。

待っている間、新聞を広げて読もうとした。僕はふと彼女の涙を思い出した。

あの涙の理由は何なのか……他人の心の理屈を探し当てるのは困難を極める。僕は考えるのを諦めて、やってきたシフォンケーキにかぶりついたのだった。

〈Fin〉


拘束性感マッサージ [4] リエ 2 (改訂版) Part 2
「さ、窓の方を向かって四つん這いになりなさい」

そう言って、リエを窓の方に向かせて、両膝をソファーのクッションの上に、両手でソファーの背もたれをつかませて、四つん這いの格好をさせた。ベッドの上の四つん這いよりも、上半身がそり起っている。

そのポーズを保たせながら、僕は手にオイルを塗って、ゆっくりと肩からお尻までをマッサージし始めたのだった。

「ほら、外から人が見ているよ」

そう耳元で囁くと、「あ〜いや! はっ、恥ずかしい!」とリエは反応する。ロールカーテンは閉じているので、実際に覗いている人がいたわけではない。でも、視界を奪われているリエにはそれがわからない。

そう言いながらも、リエはその姿勢を崩そうとしない。身体を悶え震わせながら、性感を楽しんでいた。

「今日のリエは頑張り屋さんだから、ご褒美を持ってきたよ」

僕は準備していた電マを取り出して、スイッチを入れた。ブーン♪という低い音が部屋に響いた。

僕はロールカーテンを少し開けて、電マをリエの左の乳首にいきなり当ててみた。

「あっ! ああああ! きっ気持ちいいい~!」

リエの喜びの声が電マの音よりも、イヤらしく部屋中に響き渡った。そして、四つん這いの身体を震わせながら、リエは乳首に当てられた電マの振動を味わっている。

「感じる?」
「はああ、はい。か、感じます〜あああああ〜!」

有線放送の波の音に最も似合わない卑猥な声が続いた。

そこで、僕は電マのスイッチを切って、手に特製オイルをつけた。両手でリエの首筋から背中わき、腹腰、お尻、そして太ももの内側をゆっくり、しっとりと触りまくった。

「あああ〜ん。気持ちいい!」

リエは尋ねられもしないのに、自分から感じていると言うようになっていた。

「脚をもっと開きなさい」

そう言いながら、僕はリエの脚を開かせて股間を覗いて見た。割れ目の下部から液が溢れ出そうになっている。それを見て僕の中に意地悪な気持ちが。彼女のクリトリスには触らず、股間を優しく手で愛撫してみた。

「あうっ! あっ、そ、そこっ! い、いいです。感じます!」

リエは再び自ら言葉を発した。彼女が従順になってきたのを見計らって僕は命じた。

「ソファーの上に立ってごらん」

アイマスクをしているので彼女の手を取ってソファーの上に立たせて、肩を押して部屋の方を向かせた。そして、彼女の両手を後ろに回させて、腰の辺りで両手首を紐で縛った。

「そのまま動くなよ」

そう言うと、直ぐに僕は電マのスイッチを入れて、リエの乳首だけを攻めた。

「はうっ! あうう〜!」

感じすぎてリエはガクンと腰を落としそうになった。そこで、僕もソファーの上で彼女の横に並んで立って、乳首を攻め続けた。

「そろそろ窓のロールカーテンを全開にするよ」
「え!? はっ、恥ずかしいです!」

でもリエは「止めて」とは言わない。

「顔は部屋の方を向いてるから大丈夫だよ。外からはリエの可愛いお尻しか見えないからね」

そう言って、僕はロールカーテンを全開にした。

「それじゃあ、脚をもっと広げなさい」

リエにそう命じて、いきなり電マを股間にあてた。

「いやっ! あっあっあっあああああ~!」

強烈な快感が一気にリエの股間から脳天に突き抜けた。

その瞬間、リエは思わずガクンと腰を沈めて、ソファーの上でしゃがむような格好になってしまった。

「立ってろって言ったのに。リエは僕の命令を聞けないのか?!」
「ごめんなさい!」

リエはM女化し始めていた。

「ほら、もう一度立って!」

再びリエを不安定なソファーの上に立たせて、股間を攻めた。

「き、気持ちいい~」

リエはそう叫びながら、直立不動の脚を広げたポーズを必死で保とうとした。しかし、再び、腰を落としてしまった。

「ダメだなあ……」
「ごめんなさい!」
「それじゃあ、僕が支えててやるから頑張りなさい」

そう言って僕はリエの肩を押して、180度回転させた。

「え? これって、窓の方向いてるんでしょう?」

リエは驚いた。

「そうだよ。窓は特殊加工してあるから、外からは見えないし、アイマスクしているから大丈夫だよ」
「でも、それは……恥ずかしいです!」

僕はリエの言葉を無視して、カーテンを開けた窓の方を向かせた。


拘束性感マッサージ [4] リエ 2 (改訂版) Part 1
表紙4

あれから間もなくし再びリエから連絡があった。恋人がいて、しかも親と同居の彼女としては、少ないチャンスを逃したくないのだろう。

前回と同じパチンコ屋の駐車場で待ち合わせた。前回よりもずっと早い時間で明るかったので、まるで違う場所のように感じられた。

挨拶をして、たわい無い話しをしながら、僕は前回満室だったホテルの方へ車を走らせた。

今回はホテルに空き部屋がいくつかあった。リエが選んだ部屋は空き部屋の中で一番高い6階にある部屋だった。

彼女が何を考えているのか想像はついた。密かに抱いているもうひとつの願望を果たしたいのだ。

部屋に入ると、リエはベッドに横たわり背伸びをして、枕元の有線放送の音楽を選んでいた。彼女が選んだ音楽は、波の音が繰返すだけのチャンネルだった。

その一方で、僕は部屋の間取りをチェックした。ソファーが窓際にあった。僕は心の中でガッツポーズをした。そして、エアベッドの準備を始めた。

「また大変だあ~!」

リエは笑いながら僕に言う。

「えへっ! でも、今日はこれでやるよ」

僕はそう答えながら、バッグから電動ポンプを取り出した。電動ポンプはホームセンターで買った品で、家庭用のゴムボートを膨らませるための小さなものだった。今日は汗をかかずに済むはずだ。

リエには先にてシャワーを浴びもらい、その間にエアベッドを膨らまそうとスイッチを入れてみたら……ビックリした!

 ビ〜ンというモーターの音が大きかったからだ。階下の部屋に響いているのは間違いない。

……仕方ないなあ……

この前と同じ、足踏みポンプを使うことはできない。汗だくになるのは二度とごめんだ。スイッチを入れたままにして、僕は延長コードと電マの準備をした。

そして僕もバスルームへ。

既にシャワーを浴び終えていたリエを立たせて、僕はアイマスクを使って目隠しをした。そして用意していたアロマ石鹸を使って泡をたてて、シャボンを両手に持って、彼女の肩から身体に流し、泡を使って身体を優しく撫で回した。

「はうっ!」

リエの身体は前回よりも敏感だった。緊張感が無くなったせいだろうか。肩から背中を撫で回しているのに、乳首が堅くなっていくのがわかる。

僕の手が腰に達すると、身をよじらせながら感じていることを表現し始めた。そして、両足を広げさせて、股間を触り始めた瞬間、「もうダメ!」と言って、しゃがみ込んでしまった。

しゃがみ込んだところを、彼女の背後から僕はお尻を撫で回してみた。

「う、ううっ〜!」

嫌がるのかと思っていたら、ジッと動きもせずに、僕の指の感触をアヌスで味わっている様子だ。

感じていることをリエは隠そうともしない。

そこでお尻の割れ目に指を滑らせて割り込み、アヌスを軽く、リズミカルに刺激してみた。

「ああ〜もうダメ!」

そう言うと、リエはサッと立ち上がり、僕にアイマスクを手渡してバスルームを出て行ってしまった。

ベッドルームに戻ると既にエアベッドは完成していた。それを見て白いガウンを着たリエは笑っていた。

僕らはスパークリングワインで乾杯をして、自然に始めた。

まずは、前回と同様、エアベッドをベッドにのせた。そして、リエを全裸にしてその上に寝かせ、再びアイマスクで視界を奪った。両手両足をワッカで拘束すると、リエの身体は大の字に開いた。

僕はリエの両乳首に精油を溶かした特性オイルを塗りつけて、指先だけでツンツンと弾いたり、クルクル回転させながら弄くり回し、そして、つまんだ。

「あうっ〜! あっ〜いいい!」

敏感な乳首だ。瞬く間にさらに固く起ってきた。触りもしないのに彼女は腰を左右に揺らし始めた。やはり前回より感じ方が鋭い。

次にリンパを中心に手を使って彼女の身体をマッサージし始めた。リエはピクピク身体が反応する。

「リエは、今日はどうして欲しい?」

僕は意地悪な質問をした。彼女は何も答えず、首をゆっくり左右に振るだけだった。

「僕にはわかってるよ。窓際でしたいんだろう?」

そう。これがリエのもう1つの欲望だった。ホテルの窓際で、外から見られるかもしれないと緊張しながら悶えたいのである。

僕はさらに続けた。

「ラブホテルの窓はマジックミラーになっていて、ホテルの中から外は見えるけど、外から部屋の中は見えないんだよ。
ここもマジックミラーなら思い切って窓際プレイができるんだけどなあ~」

「ええ~!」

リエは嬉しそうに答えた。

「このホテルの窓はマジックミラーなのかな〜? リエ、フロントに電話で聞きなさい」

そう言って僕はベッドの枕元にある受話器を彼女の頭の右側に置いた。

「いや~!」

リエは首を横に振った。でも、僕は容赦なくダイアルを回した。身体は拘束されている。せいぜいできることは首を振って抵抗することだけだ。でも、フロントが電話に出るとリエは急に大人しくなって、話し始めた。

「あっ、す、すみません。ホテルの部屋の窓ガラスなんですけど……これって、マジックミラーみたいになってて、部屋の中から外は見えるけど、外から部屋の中は見れないんですか?」

リエは相手の答えを聞きながら、数回うなずいていた。そして、会話が終わったことを告げた。

「どうだった?」

そう聞くとリエは答えた。

「マジックミラーほどじゃないけど、外から中は見えにくいようになっているそうよ」
「そえじゃあ、向こうに場所を移そうか」

僕はアイマスクを外してあげて、拘束を解いた。そして、リエをエアベッドから下ろして、窓を背にして座るようになっている窓際のソファーに座らせた。

そして、アイマスクを付けさせて、ソファーの真後ろにある窓のロールカーテンを閉めた。


拘束性感マッサージ [3] 愛子(改訂版)Part 3
「脚を広げて、もう一度M字開脚をしてごらん」

素直に脚を広げる愛子。その中心の股間に茂る陰毛は愛液で濡れていた。

さっきと同じように股間に刺激を与えた。大きな電マヘッドでクリトリスや小陰唇に触れないようにするのは難しかったので、

そこで、恥骨の周辺を攻めると、愛子は「あ、そこ…気持ちいい!」と言いながら、腰をクネクネ動かし始めた。

そして愛子は腰を自ら動かし始めた。電マにクリトリスを当てようとしている。

「勝手にしたらダメじゃない!」

僕が嗜めると「でも、欲しいの……」と言う。

「何が?」
「それ」
「どこに?」
「あそこに」
「ん? こんなふうにかな?」

そう言って、僕はいきなり電マを彼女のクリトリスに押し付けた。

「ああっっっ~! ひいいいいい~!」

彼女は部屋中に響き渡る声を上げた。

「ちょっ、ちょっと待って!」

彼女が縛られた両手を上げて僕の動きを制そうとした。

「どうしたの?」
「ちょっと休ませて!」

気づくと愛子は「はあ、はあ」と大きく息をしている。僕も夢中になっていて、彼女の状態に気が回らなかった。

電マを股間から離すと、彼女の股間は愛液でベチョベチョに濡れていた。

アイマスクを外し、手首の縛りを解いてあげた。愛子は全裸だったけど、僕は上下とも服を着たままだった。彼女に添い寝して、身体を手で撫で回した。

愛子は気持ち良さそうに目を閉じて、僕の手の動きを味わっていた。

股間に手が達すると、「うっ!」と声を上げて感じていることを教えてくれた。

クリトリスを優しく、指先で転がしてみた。

「指入れて……お願い」

僕は左手の中指をゆっくりと沈めた。

「あ……感じる……いいの……これ……好きなの」

指は愛液まみれ。動かすと、それに合わせてぴちゃぴちゃとイヤらしい音が出る。

「あん~イヤらしい音~」

愛子は自分のオマンコが奏でる音に興奮している。僕は指を曲げて、Gスポットの辺りをゆっくり刺激してみた。すると愛子は身体をのけ反らせて、ピクピク震えながら全身で喜びを表した。

されに指を奥に進めると子宮があった。

「そっ、そこ! 気持ちいいです!」

その周辺部をリズミカルに愛撫すると、彼女の悶えがさらに強くなっていく。口を大きく開けて、のけ反りながら喜びの声を発する姿はとても美しかった。

「舌を出してみて。ほら、僕の唇を舐めてごらん」

僕は手の動きを続けながら、彼女に命じた。すると、上から覆いかぶさる僕の顔の目を見つめながら愛子は素直に、舌を出して僕の唇を探し求めて、舐め始めた。

間もなく彼女の子宮が大きくうねり始めた。

……絶頂が近い……

その時だった。彼女の携帯が鳴った。それはアラームだった。約束の時間がきた。

「そろそろ行かなくちゃ……」

現実に返った彼女がしっかりとした口調で言った。我を忘れながら痴態を見せてしまったことへの恥じらいがあったのかもしれない。

「そうだね。残念だけど……」

彼女の股間をティッシュで拭きながら僕は答えた。

シャワーを浴びて服を身につけた愛子は、数分前の「女」とは違う、幼さを残す20歳の女の子に戻っていた。

そして、笑顔できちんと挨拶をして、部屋を出ていったのだった。

愛子からはその後もメッセージが来た。それを読みながら、必ず再会する、そういう予感がしていた。

〈Fin〉




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。